お寺の一番大事な場所、聞法の道場。
阿弥陀様の居られるところです。
「聞基仏」もここに安置されています。

教法寺で唯一残る戦前の建物。
当時では珍しいアメリカ製のブロックで
できています。

戦後すぐの建築物、戦災で焼け出された方々が生活を立て直す場にと、
建てられました。戦後60年、痛みの激しかった別館もこのたびお色直しも済みました。
コミュニティスペース・様々なプログラムを提供中レンタルスペースとしてもお使い頂けます。詳細はお問い合わせください。

1971年頃まで下関を走っていた、路面電車(山陽電気軌道・サンデン交通の前身)の敷石です。

戦後、教法寺再建の折の復興のシンボルとして、

ご寄付頂きました。

近年テレビの取材もありました。

下関市婦人会初代会長・山口県連合婦人会会長をされていた、
教法寺第14世道然の坊守行栄が、皇居勤労奉仕にあがった折に
頂いたものです。

第24代即如門主の下関組ご巡教の折り、
お手植えされた菩提樹です。

新納骨堂(香璋殿) 平成29年8月完成 加入者募集中
詳細は納骨堂ご案内のページをご参照ください。

小型区のみ加入者募集中
詳細は納骨堂ご案内のページをご参照ください。

▲このページの先頭へ

TOP > 境内のご案内

Copyright © kyouhouji All Right Reserved.